2017年09月20日 Wednesday
友情链接
日本语
スペイン語学部
admin post: 2016-04-29 16:44  click:159

    韓国IBグループの代表取締役、吉林大学校董事会副会長権栄浩氏の呼びかけと財的支援により創設され、2000年に開設したスペイン語学部は、開設当時、東北三省及び内モンゴルにおける諸大学の中での唯一のスペイン語学部でした。

 2000年には一期生が入り、教員たちは人手不足の中、様々な困難を乗り越え、その結果、各面で輝かしい実績を収めることができました。カリキュラム構築においては、21世紀社会主義建設のニーズに合うような高度な外国語人材を養うことを目的とし、当学院の指導のもと、実際の状況に応じながら、カリキュラム構築ための各方面に渡る教育の実践に力を入れています。特に弱いところを強化し、総合的に質の高い授業を保持し、全面的に授業レベルを高め、人材育成任務のより高い達成度を確保することを目指しています。基礎科目は、試行錯誤しながらも、結果的によい授業効果を得ています。学生の「聞く・話す・読む・書く・訳す」などの総合言語力の育成を目指す一方、人材市場の需要に応じるために、三年次以降に文化、文学、貿易などに関する専門科目も設けています。学部生授業のレベルは、国内外の諸大学にも認められ、中国のスペイン語専攻生を対象としたスペイン語検定試験での成績もよく、全国で上位を占めます。

 スペイン語学部は6年間の穏やか、且つ急速な発展を経て、2006年に中国教育部の認可を受け、修士課程を設置し、全国でも修士課程を有する数少ないスペイン語科の一つとなっていました。修士課程の設置によって、本学部の研究方向性が定められ、本学科の構築と発展が大いに促進されたと同時に、教員人材の育成の基盤も築かれました。現在、スペイン語学部の研究領域は、スペイン語教育、スペイン語学、スペイン文学および翻訳学などにわたっています。対外交流の活発化に伴って、多元的な研究領域が拡大し、文化研究、国情研究も行われるようになるでしょう。

 現在、スペイン語学部には、教授2名、副教授1名、講師6名、助手3名が在籍しています。教師陣は皆修士または修士以上の学歴を有し、留学経験または海外での教職経験をもっています。研究に力を入れてきたスペイン語学部は、これまで、『スペイン語学習辞典』、論文集の『青りんご集』、訳本の『スペイン語短編小説選』などを出版し、また、国内外で多くの論文も発表しています。

 卒業生の就職率は100%に近く、これまでの卒業生たちの活躍は、政府機関、国有企業、教育、出版、旅行などのさまざまな分野に及んでいます。

 また、本学科は積極的に対外交流を行い、教員が国内外のシンポジウムに参加するよう促し、2003年には「全国スペイン語年会」を主催し成功に導きました。スペインのサンディエゴ大学、ナバラ大学、アルカラ大学などの大学と交流関係があり、教員の国際学術交流と研修、及び学生の留学のプラットフォームを提供しています。

 10年あまりの発展の道を歩んできたスペイン語学部は、学部生の語学力育成と院生の質の高い研究理論の育成に取り組み続け、経験の積み重ねと実践の中で成長し、今は、中国における重要なスペイン語人材育成基地となっています。

 

 

教官室:吉林大学中心キャンパス外国語ビル302、304室

TEL:85166485

主  任:張永泰
副主任:張  蕊

版権所有 © 2017 吉林大学外国語学院   Power by leeyc

住所:吉林省長春市前進大街2699号 郵便番号:130012 電話番号:+86-431-85166196 メールアドレス:wgyxy@jlu.edu.cn