2017年09月20日 Wednesday
友情链接
日本语
吉林大学外国語学院案内
admin post: 2016-04-29 16:41  click:462

    吉林大学外国語学院は1993年6月に創設され、その前身は1950年に創立された東北人民大学(吉林大学の旧称)のロシア語専門学科であった。1960年に外国語学部が開設され、1979年に英語、日本語、ロシア語の3学科が教育部の許可により第一陣の修士学位授与権を獲得しました。当学院は現在、英語、日本語、ロシア語、朝鮮語(韓国語)、スペイン語の五つの学部、英語言語文学、日本言語文学、ロシア言語文学、アジア・アフリカ言語文学(北朝鮮・韓国言語文学)、スペイン言語文学、外国言語学・応用言語学の6つの修士課程と日本言語文学博士課程を設けています。2009年に国務院学位委員会の批准を経て、当学院は翻訳・通訳修士課程(MTI)を開設し、中日翻訳、中日通訳、中英通訳、中ロ通訳、中朝(韓)通訳などの課程を相次いで開設し、翻訳・通訳修士を育成する専門教育をスタートさせました。日本言語文学部は吉林省高等教育機構において重点的に育成された特色ある学部であり、また吉林省の重点学部でもあります。当学部は日本言語文学博士学位の授与権を有し、日本言語文学部(学科をも含む)が開設された400近くの中国の大学において、博士学位の授与権を有するたった五つの学部の一つとなっています。朝鮮(韓国)言語学部は重点的に育成された国家クラスの特色ある学部です。

    現在、当学院には教授が26名(4名の博士指導教官も含む)、助教授が20名、講師が27名所属している。すべての教師は修士又はそれ以上の学歴、及び留学、海外での研修、仕事の経歴を持っており、そのうち博士号を取得した者は28名、博士課程在学中の者は29名です。当学院には、中国日本語教学研究会第六回理事会長1名、中国日本語教学研究会名誉会長1名、中国日本語教学研究会常務副会長1名、教育部高等教育機構外国語専門教学指導委員会委員2名、吉林省外国語学会理事長1名、中国中日比較文学会副会長1名、日本国日本語教育学会海外審査委員1名、“宝鋼優秀教師賞”入賞者1名、吉林省教育師範教師1名と、国内外において影響力のある学者が名を連ねています。そのほかにも、省クラス優秀教育成果賞の入賞者も数多くいます。また、毎年10名ほどの外国人の専門家を外国人教師として招聘していますが、教師陣の総合的な実力は国内の大学でトップクラスといえるでしょう。

    当学院は厳格で地道な学問の姿勢を提唱し、学院が創立されて以来、著作を98部(編集著作を71部、学術専門書を27部含む)出版し、論文を698本発表している。そのうち、国家クラスの研究プロジェクトが2つ、省クラスの研究プロジェクトが15あり、個別の教材開発プロジェクト及びプロジェクトの成果こそ国内の当該領域の空白部分を埋めています。

    現在、学部、修士課程、博士課程の在学生の数はそれぞれ1018人、396人、16人となっています。優秀な学生に対して、学校から統一的に支給される奨学金のほかにも、三昌奨学金、3サム奨学金、東栄奨学金、住本商事奨学金、友利銀行奨学金、宮城県友好奨学金、霞山会奨学金などの国内外の奨学金の助成をいただいています。

    当学院は悠久な伝統と厳格な教育理念、学問の姿勢で名が通っており、教育の質が国内の同学部の先端クラスに入っています。国内外の各種の大型コンテストにおいて、本学の学生が度々優勝し、そればかりでなく着実な専門知識、しっかりした理論的基礎、バランスのとれた知識構造、熟練した実践的技能、高まった総合的素養によって、本学の卒業生は就職競争においても終始優勢を保っていて、当学院の育てた数多くの優秀な人材は国内外を問わず遍く行き渡っており、その多くは国内外の著名な学者、外交官、中央政府や大手企業の指導者になっています。ロシア語学部出身の卒業生には元吉林大学常務副学長の張福良氏、中国銀行のロシア連邦駐在支店長の趙連傑氏、中国銀行のカザフスタン駐在支店長の田威氏が、英語学部出身の卒業生には北京語言大学副学長の林果立氏が、日本語学部出身の卒業生には吉林大学常務副書記長、副学長の王勝今氏、天津外国語大学学長の修刚氏、対外経済貿易大学副学長の胡福印氏、中国の日本駐在公使の韓志強氏、中国共産党対外連絡部の報道官、アジア局長の李軍氏、中国のアメリカ駐在大使館参事官の王焱霞氏、中国外交部報道局副局長の黄興源氏、人力資源・社会保障部外事局副局長の張亜力氏、国家林業部外事局副局長の金普春市、雲南省外事弁公室主任の周紅氏、中国国際放送局副局長、副書記長の張富生氏、『人民中国』雑誌社編集長の王衆一氏、翻訳家の林少華氏などが国内外で活躍しています。

    当学院は国内外の学術分野での協力と交流を重視し、「出かけていき、招き入れる」という交流方針を掲げ、交流する機会を作り、学術的視野を広げ、教育と科学研究の水準の向上に力を入れています。当学院では、数十名の教師をアメリカ、カナダ、オーストラリア、ポーランド、オランダ、スペイン、キューバ、チリ、アルゼンチン、ロシア、ウクライナ、イギリス、韓国、日本、香港、台湾などの国や地域に派遣し、シンポジウムに参加したり、研修をしたり、共同研究をしたり、博士課程に進学したりするなど積極的に教員の質の向上に努めていいます。毎年80余人の留学生を派遣し、また、毎年10名ほどの外国人の専門家を外国人教師として招聘するほか、国内外で有名な学者を兼職教授、客員教授として迎え、定期的に講義を開講し積極的に学術交流を促進しています。

    60余年の発展、ことに「十一五」期間の建設と発展により、当学院は我が国外国語専門人材育成と外国言語文化研究の重要な基地になっており、そして新たな飛躍的な発展のための堅固な基礎もできています。長い伝統あるアカデミックな環境を維持しながら、当学院はさらなる新時代へ国際的な且つ高度な教育の構築を目指して歩み続けています。

 

著作権所有者:吉林大学外国語学院2014©Power by leeyc

住所:吉林省長春市前進大街2699号 〒130012

TEL:0431-85166207

E-mail:wgyxy@jlu.edu.cn

版権所有 © 2017 吉林大学外国語学院   Power by leeyc

住所:吉林省長春市前進大街2699号 郵便番号:130012 電話番号:+86-431-85166196 メールアドレス:wgyxy@jlu.edu.cn